だっこやおんぶは育児の基本

新生児の抱き方
横抱き? 縦抱き? どっちがいいの?
一般的に新生児をだっこする時には赤ちゃんを横に寝かせるようにして抱っこするイメージが強いと思います。しかし日本人の赤ちゃんに限っては首がすわらない新生児であっても縦方向で抱っこする方がよいことがわかっています。
世界中で先天性股関節脱臼を起こしやすいとする民族は日本人とイヌイット、ネイティブアメリカンだけと言われています。私たちが目にする欧米発の育児情報は日本人の赤ちゃんの体型まで考慮していませんので、日本人の赤ちゃんならではの抱っこの仕方を学んでおく必要があります。
日本人の新生児の体躯にあった抱き方は「コアラ抱っこ」と呼ばれる新生児のMW(エムダブリュー)の姿勢をそのまま縦型に抱っこするものです。
▲ページTOPへ

スリングの装着準備
日本人の新生児は縦に抱っこする「コアラ抱っこ」がお勧めですが、ベビースリング(リングスリング/ベビーパウチとも)を使ってこの抱き方ができます。コアラ抱っこをスリングでおこなった抱き方を「新生児の基本抱き」と呼びます。
スリングで抱っこする前に、準備をしましょう。
【リングスリング編】
  1. テールをリングに通す
  2. リング周辺の布地にギャザーを寄せるように細かい蛇腹折りにする
  3. スリングを肩にかける。肩パッドは肩にのせ、リングは鎖骨の上におく
  4. あらかじめ赤ちゃんの入る場所(ポーチ)の大きさを整える。目安はウエストライン
【パウチ編】
  1. スリングを肩にかける。カーブになっている部分が赤ちゃんが入るところ
  2. ポーチ(赤ちゃんが入るところ)を広げます。
  3. 授乳後にゲップさせる時のように赤ちゃんを高く抱きあげます。
  4. ポーチ部分を赤ちゃんにかぶせます。
  5. 布と赤ちゃんを一緒に降ろします。赤ちゃんはポーチの中で座った状態になります。
▲ページTOPへ

スリングの使い方 | 新生児



▲ページTOPへ

スリングの使い方 | 3,4ヶ月児









▲ページTOPへ